受講者の声

tukuriba研修お客様の声 その1

特約店S 役職 リーダー

研修を受けて
今まで我流で、道具の正しい使い方もわからず作業をしていたため、正しい使い方を学べたことが1つ目。
ワークショップをする上で、全体の流れ、作業工程ごとの注意点など、今までどうすればよいのかわからなかったことを学べたことが2つ目の貴重な経験でした。特にDIY初心者として臨んだ身としては、何よりの研修でした。
気持ちの変化
他者へ教える以前に自分自身の知識がなかったので、研修を終えて自信を持って教えられるようになりました。また、教わった内容を誰かに教えてあげたい!と思うようにもなり、今まで苦手意識があったDIYに前向きに接することができるようになりました。
これまではモノ作りを誰かに頼むことで苦手なことから逃げていましたが、道具の正しい使い方、注意、モノを作る楽しみを知ることができ、個人のレベルアップができた研修でした。
店舗に戻ってから
お客様からの質問にさらに1ポイント付け加えてお答えができることが増えました。実際にワークショップを開催した際にも、研修の時に自分が間違えたことをネタに、場の雰囲気に和ませる場面がありました。店内の什器作りの依頼があり、作成した際には研修を受けて役に立つことができたと思いました。
店舗内で研修を実施。研修で学んだことを自信を持って教えることができました。今後は私が教えた担当者も自信を持って作業ができる、人に教えることができるスタッフになれるよう努めていこうと思います。

tukuriba研修お客様の声 その2
特約店S 役職 パート

研修を受けて
物販中心で接客業をしてきた私にとって、実際の工具等を改めて使用して制作をしたときに工具の使い方や制作過程でのセールストークなど大変勉強になりました。
気持ちの変化
実際、私が講師になり人に教えるという立場になった時、まだまだうまく相手に伝わるか不安はあります。
ですが、学んだことを生かし、さらに様々な経験を積んでいくことで、不安を取り除き自信をつけていきたいです。
何よりもDIYが苦手だと断言していた私が研修を受けていく中で制作する過程などを踏まえて楽しいという充実感を経験できたことは人生の中の財産でありました。
店舗に戻ってから
店の什器を作成したり、補修やメンテナンスをしたり。また、お客様へのアドバイス提供ができるようになりました。
何かを必要としたときに、買うのではなく、ワークショップのように作成するという発想になった。
また、ワークショップに限らず、物事の考え方、捉え方、発想が変わった。
このおかげで、年齢を重ねた自分にもまだまだ成長できる事があると実感しながら毎日業務に当たっています。

tukuriba研修お客様の声 その3
特約店S 役職 パート

研修を受けて
研修では1つのモノが短時間で出来上がり、達成感がある!
私は女性で、DIYが好きなものの本格的にはやったことがなく、不器用なため、DIYに限らず 初めてのことは何をやっても最後までたどり着けないのですが、そんな私が最後までたどり着けた!これはスゴい研修だと思いました。
気持ちの変化
木材やドリルにさわることでいろいろと知ることができた。木材をどう扱えばよいか、「そり」があることなど、知らないことを知識としてしっかりと得られた。「木材の販売・接客」は漠然と難しいと考えていたが、研修の日をきっかけに、ちゃんと理解し説明している自分がいてびっくりしています。研修中、心が折れそうになっても講師の方が親身になってフォローしてくださったおかげで最後までやり通すことができたおかげだと思っています。。今では木工教室は楽しい!と思えるようになりました。
店舗に戻ってから
お客様にも細かくアドバイスができるようになりました。
ビスのこと、ビットのことなど今までご案内したことないような商品までお客様にお話しできるようになりました。道具の使い方をちゃんとお客様に説明できるようになり、木材コーナーの商品、ワークショップの問い合わせなども自信を持って対応できるようになり、仕事の幅が広がりました。

 
 

pickup!

craftstyleの最新情報はこちらから!